カテゴリー
お知らせ・更新情報

「おすすめ」記事のアマゾン商品リンクについて

今まで「おすすめ」記事で紹介したコンテンツについては、Amazon で取り扱われているコンテンツ商品の広告を併せて貼り付けてました。

これは「広告収入」という目的もありますが、「コンテンツパッケージの紹介」の意味もあります

しかしながら、以下の3点が、昨今の状況変化により問題となりました。

PA-API 5.0

Amazon アソシエイトの1サービスと提供されていた「PA-API」がバージョンアップされるとともに、提供サービス基準が変更されました。

これにより「当サイトのような零細コンテンツ」には、PA-APIの利用が困難になりました。

商品リンクするためには、Amazon アソシエイトのサイトに行って当該コンテンツの商品を探し、リンクを生成しコピペするという、とても原始的な作業を行わざるを得なくなってます。
結果的には広告作成する際の過程が、とても面倒になりました。

WordPress バージョンアップ

ブロックエディタで標準的に記事の編集ができるようになったことは、記憶に新しいと思います。これにより、投稿時のストレスは大幅に削減されました。

しかしながら広告作成するためのプラグインが、ブロックエディタでは制限がある等の問題が生じました。

Amazon アソシエイトで商品リンク URL を生成したものを直接ブロックエディタに貼り付けることも可能ですが、現在の WordPress バージョンでは、なぜか Kindle 埋め込みコンテンツといて認識・展開されてしまいます。
これでは、当サイト閲覧者の誤解を招くことになります。

今後の方針

そもそも、コンテンツ紹介の在り方に際して、これら広告を流用する点も(解りやすいのですが)若干の疑問も生じてたのも事実です。

そこで、今回思い切って、当該コンテンツに含まれる広告を今後すべて削除することにしました。

当面の間「おすすめ」記事にあるコンテンツの紹介は、永続的な情報掲載が比較的見込まれる「ウィキペディア」のリンクを原則とします。
ただし一部のゲームコンテンツの場合は、例外的に制作元のコンテンツをリンク掲載したり、コンテンツ公式サイトが存在する場合は、そのサイトをリンクする方向にします。

ちなみに、本当はマンガや小説などの書籍についても、出版社や作者のサイトをリンクしたいのですが、意外と出版社の URL が合併やレーベル再編などによって頻繁に変わることがあったり、閉鎖されることも多いため、断念しました。

よって Amazon 商品リンクについては、今後整理の過程で全面削除します。

ちなみにこれとは別件ですが、Google 社の広告を、今後純粋な「広告」として別途する予定です。

カテゴリー
おすすめ

かくしごと(アニメ)

自虐ネタとか業界ネタとか、色々と面白いです。
どこまでホントで、どこからフィクションなのかは判りませんが、まぁ個人的には、全部ホントでいいんではないかと。

てかマンガ業界の作家で生き残ってる人って、特に週刊とかやってた人でマトモなひとなんていな…げふんげふん。

十丸院みたいな担当編集も、多分いますよ、多分。
(似たような人は、社会によくいるので、出版業界にもいるでしょ。)

自分自身はマンガ業界とか出版業界の人ではないのですが、隣近所で業界に絡んでるもんで。そういった立ち位置だと、このアニメは面白い。

今度マンガ買おうかなそうしよう。

カテゴリー
おすすめ

koki(作家)

COMITIAに出ていた作品で、久々にガツンと来たものがあったので、個人的にプッシュ。

こちらのサークルに参加されている koki さんの作品。
残念ながらこの方の作品は、今回この本1冊しか読んでいません。
しかもこの1冊には前後のストーリーが描かれていないので、正直なところ話の全体像はよくわかりませんでした。

でも、今回この本に収録されている作品は、前後のストーリーがなくても、その内容の「熱さ」がとてもよく伝わるものとなっていました。
まぁ作者が個人的に「好き」なストーリー部分だけを興してできた、いわば「切り抜き」なのかもしれません。
体裁や吹き出しの部分など、絵以外のマンガ・誌としての出来映えについては、かなり「荒さ」もあり、技術的には「まだまだ」なのかも知れません。でも、少なくとも描かれている絵には、とても「チカラ」を感じました。

その最大の要素として、おそらくアナログで描かれているという事。
最近のパソコンのデジタルで作成された作品とは違う「新鮮さ」が出ていて、ちょっと体が震えてしまいました。

最近はデジタル化が進み、ある程度の技術はソフトが補ってくれます。
でも、アナログの部分というのは、マンガを描く人には必要な知識や技術が潜んでいて、たとえデジタルであっても、アナログで培われた知識やの技術を持っているクリエータのほうが、より多彩な表現力などポテンシャルが高いのでは思ってしまいいました。

今後の作品に是非期待したいものです。
こういう人は、とても応援していきたいなぁ、と思います。

カテゴリー
おすすめ

魔法少女まどか☆マギカ

TVアニメーション「魔法少女まどか☆マギカ」公式サイト

うーわー、新房ワールド作品だぁ。
まぁ話としては、普通の日常を過ごすヒロインが、ある日、夢にでてきた少女と???が現実の世界にやってくる。そして巻き込まれる、ってな、いわゆるこちらも鉄板な感じ。

こちらの主人公ヒロインの声優も悠木碧さん。東京では裏で放映される「GOSIK-ゴシック-」でも、メインキャラ声優ということで、図らずも番組が裏表で同じ声優さんが当たるというような状態。

ちなみにOPは「俺妹」のClariSです。

カテゴリー
おすすめ

GOSICK -ゴシック-(アニメ)

  • GOSICK -ゴシック-(アニメ公式サイト)(閉鎖)

時は近代、西欧のとある小国にある名門校にやってきた東洋の島国の主人公が、学園の図書館上にある植物園で人形のような少女に出会う。

…てな感じで、話は始まります。まぁ、気高きロリ少女のライト推理もの。

まぁ、少女の声優は悠木碧さんで、最近では「ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド」のミナ・ツェペッシュ役など、これまた気高きロリ少女ものの鉄板声優さん。
個人的には違和感ないのと、こっちは「気高い」とは言え、かなり可愛らしい仕草をするので、好感度は高し。

原作は桜庭一樹さん。

カテゴリー
おすすめ

IS<インフィニット・ストラトス>(アニメ)

本来女の子しか反応・装着できない兵器「インフィニット・ストラトス」。
主人公の男の子は何故か装着できてしまったことから、そのインフィニット・ストラトスの養成学校に唯一の男子として入学させられてしまう。

…てなところから、話は始まります。まぁ、闘う女の子パワードスーツもの&学園ラブコメ&ハーレムもの。
まぁ、「への5番」要素を足してみましたらこんなんできました的な内容。ちょっと「オナカイッパイ」気味の作品。

見ていて安心する作品とも言えます。

カテゴリー
おすすめ

夢喰いメリー(アニメ)

  • 夢喰いメリー 公式ファンサイト(閉鎖)

世界系のようです。
いやぁ第1話見ただけでは、正直なところはっきり言ってなんとも言えませんが。

でも前情報だけだと、どうにも軽そうな感じだったんですが、実際見たかぎりでは、思ったよりも面白そう。

同人ウケするかどうかというと、ちょっと微妙そうですけど。

カテゴリー
おすすめ

フリージング(アニメ)

  • フリージング(公式サイト)(閉鎖)

はい、今期のおっぱいアニメですな。

内容的には、人類を襲う敵と戦いに備え、少女達がしのぎを削る学園に、先の戦いで姉を失った軟派な主人公が編入するところから、話が始まるのですが。

でも、1話だけで世界設定中心の話になっていたのと、世界設定がちょっと惹かれるものを感じました。
最近は、どの作品もクオリティ高けぇなぁ、と思ったり。まぁ普通かもしれませんけど。

ちなみに、私は AT-X 視聴なので、地上波だと照明さんとかでまくりかも。あと世界設定の関係で結構な出血サービスなので、血も黒塗りになるのではないかと。
AT-X でも放映は本編 4:3 で横切り、しかもオープニングはスタッフロールの都合だと思いますが、額縁になりますです。
ちなみに話的には 12 話の尺では多分収まんないんじゃないかなぁ、と思ったり。

これから原作、通し読みします。あ、でも全話終わってからのほうがいいかな? 読むの。

カテゴリー
ブログ

(3月の)ライオンポスター

…沖縄は全然わからん。。。カミさん(沖縄出身)に訳してもらって、ようやく分かったよ。

いやぁ、おもしろいキャンペーンでした。
でも、マニアな方々が一瞬で見つけてオープンされちゃったのは、ちょっと面白味に欠けますが。

カテゴリー
ブログ

本末転倒

…な気がしてならない一品。でも需要はありそう。