カテゴリー
ブログ

首相の靖国参拝

おそらく、首相は「私的参拝」という持論を盾に展開してくるとは思うが、アジア各国からしてみれば、私的だろうがなんだろうが、靖国は戦犯を祀っている所に参拝しているわけであり、日本の文化的行事である「初詣」などとは訳が違う。

また、国家の指導者たる「首相」がこのような行動を取ることは、「国民の総意」としてとらえかねないし、われわれも、このような行動を取ることを「良し」として、彼を当選させたわけでもない。

国民1億2千万の代表として考えても、このご時世、あまりに、あまりに軽率であると思う。

もしこれが逆の立場だったら、多分、今のアジア各国と同じ反応を取ると思うんですけど。

ようするに、そゆこと。