データの記録保存

データの記録方法については、いつも悩むところ。

どっかのサイトからの引用。
(コンテンツそのものがいつか消えて無くなりそうだったので、ごっそり引用させていただきました。)

【Q】
当面無難でテープになるべく負担の無い収納方法がありましたら教えて下さいませんか?

【A】
とにかく

  • 直射日光を避ける。
  • 湿気を避ける。
  • 磁気を避ける。
  • 必ずビデオは先頭まで巻き戻しておく。
  • 標準で録画する。
  • 定期的に綺麗に保存されているかチェック(保存状態を確認する、再生チェックが必要かどうかは見た目次第)

これが大事。

一番危険なのは、一番保存が期待できる方法をとってそれを過信すること。
これは、あってはならないことです。
特に、一本一本、乾燥剤と一緒に密閉容器に入れたから安全と考えるのは甘い。
それで、気づかず保存しダメになることもありますからね。
よほど大事なら、定期的に乾燥剤を交換したり、テープの状態をチェックする必要がある。
(ただし、たびたび再生してチェックを繰り返すと劣化しますので注意)

ちなみに、DVD やパソコンに保存すると画質の劣化がないとか永久保存や数十年単位での保存ができるとお考えの方がいますが、それは間違いですのでご注意を…
(前の方の解答の訂正も含めます)

たとえば DVD ですが、記録保持性が30年ありますが、
これは DVD-ROM(工場であらかじめデータをプレス記録したセル及びレンタルディスク)のみの話です。

一般に家庭で記録する DVD-R や DVD+R は最低で数日でデータは消えます。
(書き込んだ直後に読めないことも)
有機色素のアゾ、シアニン、フタロシアニンなどの色素を用いるためで、光と熱刺激で反応するため、直射日光に当たると数日でデータは消えます。
CD-R も同じ。追記型と呼ばれる1回しか書き込めないディスクは永久保存はできませんし、ましてや 10 年単位の長期保存は VHS より難しいかも…
(特に日本は四季の温度/湿度変化が過酷であるため他国より厳しい。)
平均2~4年程度でダメになることが多い。最長でも 10 年程度です。
(30 年は本当にまれにしか持たない。)
ついでに言えば、これに加え DVD でも画質はある程度劣化します。
ただ、目に見えて分かることはほとんどなく、そのような状況になれば先は短い。

DVD-RAM、DVD-RW、DVD+RW(CD-RW)など書き換えが出来るディスクは、相変化記録素材を用います。
同じ名称の付く規格でも全く異なる性質を持つ素材で、ある素材の結晶状態と非結晶状態での光の反射率でデータの識別をします。
これらは、書き換えができますが、書き換えを繰り返すと磁気ディスクとは異なり、素材に残留核と呼ばれる変化が中途半端なゴミが残りやすくなるため、1回の書き換え(2度目の書き込み)でも保存性は一気に低下します。
全く、書き換えを伴わなければ、Rメディアより光の透過性が低く保護層が厚いため、長期の保存が可能になります。
ただ、傷や物理的な損傷に弱いのが特徴。
一般に保存性が高いのは、RAM のカートリッジありとなります。
長ければ、10 年以上の保存性がある。

ちなみに、DVD の 30 年というのは、DVD の記録面の外側を保護する樹脂層の劣化がその程度の期間で起こるため。
保護層が劣化すると光の透過と反射率が大幅に変化するため、実際にデータが存在する場所まで光が的確に届き、跳ね返ってこなくなるため読めなくなる。
CD の場合は 20 年。これも同じ原理で、最初に登場した CD が一部最近、読めなく、もしくは読みにくくなったことから判明した事実。

ついでに、音楽で最近使われる MD(MiniDisc)や国内では普及率が高いパソコン用のデータ記録メディア MO など光磁気を用いたメディアは、書き損じ、ディスク保護層の劣化などがない限りの長期保存が可能です。

読み出しだけなら、保護層が劣化するまでの間は読めますので、だいたい 30 ~ 50 年以上となります。
光磁気ディスクは保護層の構造が DVD/CD 系メディアとは異なるため高い保存性があります。
また、磁気と名がありますが、特定の高温下でない限り磁石には反応しません。
ある意味、実用的なメディア。問題は記録速度と容量があまり大容量で速くないこと。
これがデジタルメディアでは現状で最も保存性が高いメディアです。

ちなみに、ハードディスクは物理的な損傷がない限り使えますが、一般にメディア自体の記録保持性は 30 年。
しかし、記録されたデータを読み出す装置も付けてハードディスクと呼びますので、その装置の耐久性が平均4~6年となり、メーカーの開発耐用年数が6年以下であることから、保存性は6年以下となります。最新で大容量な物ほど密度が高くなり技術的に複雑になるため、早期に損傷する可能性が高くなります。

アナログメディアの場合は、保存性が全く変わります。
デジタルではデータが0と1のデジタルデータと呼ばれる機械語(2進数)に変換されており、一種の暗号になります。
このため、欠落部が少なくとも、デジタルデータを翻訳できる一定量以上のデータがないと再生はできません。
しかし、アナログでは直接情報の内容を記録しており、少しでもデータがあれば、ノイズが多くなりますが再生は出来るという利点があります。
そのため、デジタルより超長期的に考えたときに再生できることだけを考えると保存性は良くなります。
(レコードが100年。紙が1万年、テープが数十年、状況によって数十年以上、壁画なら数千万年)

いかがでしょう。

完璧がないのが残念ですね。
ただ、デジタルはコピーが容易。
複製は作りやすい。現状ではですけどね。
何せ、デジタルテレビ放送にコピーガード番組が登場しますからね。

【スポンサー広告】

作成者: かず

東京練馬に生息する、干支も4週目終盤のオッサン。 最近は四十肩?五十肩?に悩まされております。 楽に治せる方法、ダレカオシエテクダサイ。。。