Windows 7 Professional を Windows xp Profesional にダウングレードする

使用していたPCのうち1台が御役御免になったので、臨時(とはいえ向こう3年ぐらいは使いそうな)VHSテープ動画編集機として換装してみました。

生贄となったPC

4年ぐらい前に買ったドスパラのショップブランドPCです。今までのスペックは以下

  • OSなしモデル
  • ASUSのOEMマザー
  • Creron 2.6G
  • 1G DDR2メモリ
  • 80G SATA HDD
  • DVD-ROMドライブ
  • ATX電源(メーカー不明だけど、そこそこ普通の電源)
  • ショップブランドらしい、白い無骨なケース
  • Windows2000 Professional(正規品、別に用意した)

これを、当初は以下の通り、編集機として必要な換装するだけにしようかと思ってました。

  • Core2 Duo E2600(2.6G)
  • 2G DDR2メモリ
  • Windows xp Professional(Windows7 DSP 版のダウングレード権を行使。)
  • DVDドライブはインストールが終わったら外す。
    (編集機なので本当はRWドライブに換装が必要そうだけど、実際このマシンでデータを焼くことはない。別のマシンで焼く。)
  • ケース換装

そんなこんなで、とりあえず手始めにCPUとメモリを手配して換装してみた。
まぁ、換装する前からOEM版マザーボードはBIOSアップデートができない()と情報を得ていたので、もしかしたら「CPUがマザーボードに対応していないかもなぁ」と思っていましたが。

見事に的中

結局のところ、当時の BIOS が、その後に発売された CPU に対応していないことが原因。

まぁ、チップセットなどをみる限り、BIOS をアップデートすれば問題なさそうだというのが判明したのだが、そこで更に問題が。

OEM 版マザーボードの BIOS アップデートが存在しない

OEM 版の BIOS の提供はマザーボードのメーカーからの提供ではなく、本体を組成したメーカーに提供委ねられることが多い 。

作成者: かず

東京練馬に生息する、干支も4週目終盤のオッサン。 最近は四十肩?五十肩?に悩まされております。 楽に治せる方法、ダレカオシエテクダサイ。。。