カテゴリー
ブログ

8月15日、正午、甲子園。

第2試合、桐生第一-東洋大姫路の2回裏、東洋大姫路の攻撃中に正午を迎えた。

毎年、この日の正午、甲子園では合図のサイレンで黙祷しているが、私も時間の許す限り、このシーンを見ながら、テレビに向かって一緒に黙祷している。

戦後60年以上経過し、今の子供達にしてみれば、この行為は些か怪訝に思うかもしれないが、

  • 甲子園での高校野球は、その戦後以上の長い経歴があり、それが今でも続いているという事。
  • 過去に甲子園へ行きたくても、行くことが叶わなかった球児がいたこと。
  • 戦争によって高校野球をはじめとする、平和な未来が叶わなかった人々を偲び。
  • そして現在、甲子園で高校野球が平和に開催されることへの感謝。

など、色々な思いをひとまとめにして、この場で、今年も黙祷している自分がいる。