携帯端末のデファクトスタンダードを見極める。

まだ今のところは、地球レベルでプラットフォーム競争を行っている状態なのかな。
昨今のテレビ買い替え需要なんかは、規格などのプラットフォーム部分については統一されているので、機能面での競争とに絞られている。
さらに国策もあって、購買意欲に繋がっており、実に面白い。

スマートフォンについても、この部分が統一されてくると、サービスやアプリケーションだけの競争となって、結果「ビジュアル面」という消費者の判りやすい場面での競争になるのではと思う。

ちなみにスマートフォンにおいては、私自身の突発的な購買意欲が、まったく出てこない。
それは、今はまだ Windows が発表されたときのような大きな衝撃を受けていないから。(って、当時は自分も若かったので、衝撃を受けやすかったのかもしれないが。)

確かにラッシュアワー時の満員電車内で、iPhone をいじっている人はよく見かける。
そして最近は iPhone 以外のスマートフォンも見かけるようになってきた。周りで持ち歩いている人が増えてきたのは確かに事実で、欲しいような気がしないわけでもない。

それに私自身、過去にシグマリオンやノーパソを持ち歩いた事はある。でも、結局お蔵入り。携帯のスケジュール帳も然り。その時に思ったのがこれ。

「活用の仕方がわからん。」「そして、遅い。」

まぁ営業系業種であれば、仕事においてもツールとして活用できたかも知れない。でも私にとっては所詮、通勤でしか遣わない代物。
スケジュールは薄手の手帳1つで事足りる。しかもモバイル立ち上げるよりも、手帳取り出すほうが早い。まぁ、便利ではなかったという事です。

ワンセグ・動画・音楽・ゲームをしながら、メールを打つ。スケジュール帳を整理する。あとは通信代が安いこと。
私の中では、これさえクリアできれば、買うのだが。。。
そして技術的にも、ハードル高いとは思えんのだが。

とにもかくにも、通勤時に持つアイテムを一つにはしたい。
「携帯と iPod と DS と手帳を持って、というのは何とかしたい」と思っている人は、きっと多いはず。

便利な世の中になったんだから、なんとかしてくださいよ。>ハードメーカーの皆さん。

作成者: かず

東京練馬に生息する、干支も4週目終盤のオッサン。 最近は四十肩?五十肩?に悩まされております。 楽に治せる方法、ダレカオシエテクダサイ。。。