温風国家日本。終戦後に色々部品交換したけど、そろそろ劣化が激しく。送風になるか、壊れるか。

  • 阿久根市長:解職問う住民投票目前 反転攻勢の市長派 市民から戸惑いの声も 鹿児島・阿久根(毎日新聞

まぁ、市長の程度が知れるのはさておき(議会も同程度だし)、こんな市長と市議会のやりとり、市の運営に、当の市民が辟易としているだけだと思うんだが。

こうやって、市民が政治や行政から離れていく、そして「モノ言わない市民」「長い物には巻かれろ」的な潮流は、まさに彼らの「思う壺」なのである。
文句の言わない市民ほど、地方政治家や役人の有り難い事はない。

とはいえ、日本は昔っからそういう文化の国だし、市民は政治に疎いものというのは歴史の積み重ねの結果。

日本の政治や行政システムは欧米を倣ったのだろうけど、「イイトコ取り」しかしてないし、さらに日本人の文化や気風にカスタマイズしたシステム。
それが、今となっては結果的に腐った政治家・役人を排出するシステムとして稼動している。
そして、勘違いしている人とぶつかって、こんな泥仕合に発展する。

まぁ、十把ひとからげにはできないが、今の村の名士みたいな、特定の家柄を中心に輩出されような政治家が中心になって、国を担っているようでは、市民のための政治・行政なんて「で き る わ け が な い」。

例えば、議員の活動を数値的に評価するような構造とか、政治家資格みたいな物を取得して政治家になると、票が少なくても当選できるとか。
北欧方面の国家システムを参考にしてもよいと思う。
まぁそんな感じで、今のシステムを否定して、斬新なテコ入れをしないと、真の「市民のため政治・行政」はできないだろうなぁ。

内側から政治を変えるとか言っている人には多分できないし、そんなの待っているうちに、日本が潰れるな。
ホント、片腹痛い。

日本の国民はどんどん荒んでいくばかり。冗談じゃなく、ね。

あ、私は矢面に立ちませんよ。
そんなのに人生のリスク払えるだけ、自分自身への意義納得ができませんし。
今となっては、自分のできる事、やりたい事しかしたくないし。

名誉? 名声? ご冗談をw
適当に貯金して、静かな余生を送らせてもらいます。

国かえたい人がんばれ~。(適当&投槍)

作成者: かず

東京練馬に生息する、干支も4週目終盤のオッサン。 最近は四十肩?五十肩?に悩まされております。 楽に治せる方法、ダレカオシエテクダサイ。。。