WordPress 日本語メッセージの対応(面倒臭い版)

正直なところ、直接、テーマのスタイルやPHPソースファイルを修正したほうが手っ取り早いです。参考書籍でさえ、そのような記述が為されているものが多いです。

でも折角なので、なるべく TwentyTen のテーマを構成しているソースの構成をベースに残したまま、メッセージを修正してみます。

ちなみに、WordPress の日本語版に同梱されている TwentyTen テーマは、日本語ローカライズに対応していて、元文書のPHPソースを修正せず、設定ファイルみたいな物を介して、該当箇所の英語メッセージを日本語に置換して表示しています。
今回はこの仕組みをそのまま利用するための修正方法です。

この作業は、途中で修正したメッセージをバイナリコンパイルします。
コンソールやコマンド(msgfmt)が使えないサービスや環境を利用されている方は、諦めたほうが良いと思います。
まぁ、自前でサービスと同じ環境とかを作ってコンパイルし、そのファイルをアップしても良いとは思いますが、色々と面倒な気がしますし、何もそこまで拘る必要もないかと。

あと修正するファイルの文法や方法は、ファイルの中身から察してください。察することができない方も、修正は諦めてください。
  1. 以下のディレクトリのファイルを修正します。
    (WordPress を入れたディレクトリ)/wp-content/themes/twentyten/languages/
    なおこのディレクトリのファイルは、ダッシュボード(管理画面)からは修正できません。
    よって、SFTP やコンソールを繋いで修正作業します
  2. 念のため ja.mo、ja.po をバックアップ。(壊したら元に戻すため)
  3. ja.po をテキストエディタで編集。
    編集方法を「察するべき」はこのファイル。頑張って修正。
  4. サーバコンソールにログインし、cd コマンドにて (WordPress を入れたディレクトリ)/wp-content/themes/twentyten/languages/ ディレクトリに移動。
  5. コンパイルコマンド msgfmt -o ja.mo ja.po 実行。
【スポンサー広告】

作成者: かず

東京練馬に生息する、干支も4週目終盤のオッサン。 最近は四十肩?五十肩?に悩まされております。 楽に治せる方法、ダレカオシエテクダサイ。。。