さくらのレンタルサーバに Nextcloud 入れてみた感想

インストール方法は割愛

ググれば既に解説されてるサイトがいくつかヒットするので、詳しくはそちらを参照。
自分の場合、この時点での最新バージョン(21.0.1)をインストールしたが、以下の点にハマったこと以外は、問題なくインストール、稼働してます。

ハマったこと

WAF は必ず「無効」にすること。

別に Nextcloud の問題ではなく。

インストールの途中で Nginx のエラーが出たり(レンタルサーバは Apache 稼働)、スタイルシートなどが反映されず、レイアウトが崩れたり、最初、理由がさっぱり判らなかった。無駄にすること数時間。

結局原因は「これ」。

WAF を有効にしてたのをすっかり忘れてた。
無効にしてインストールしたら、すんなり入った。

【スポンサー広告】

いきなり結論

重い

所詮「レンタルサーバ」(共用サーバ)なので、レスポンスは期待してなかったけれど、Web 画面はかなり「もっさり」してる。
遅いからと言って、レスポンスか返ってくるのを待たずにあちこちクリックすると 500 エラーになる。
でも、この辺りは WordPress(特にダッシュボード、管理画面)の挙動でも同様なので、期待しないほうが良いかも。

一応 Nextcloud 内部でも、キャッシュなどのレスポンス対策は施されているようだが、大量のユーザを抱えての運用には耐えられないと思う。
レンタルサーバ上の Nextcloud は、あくまで個人利用ぐらい。

ちなみに、レンタルサーバのプランを上げることによって「重さ」が軽減できるとは考えないほうがいい。

「多少」は軽くなる可能性があるものの、体感できるほどのレスポンス改善はおそらく期待できないと思う。

IT技術者じゃないとインストールは難しい、かも?

インストール等はかなり簡単にできるようになってはいる。しかしながら、Apache などの conf 設定や、Nextcloud 自体の config 設定など、細かな設定調整をしようとすると、IT技術者としての知識や経験・勘所が必要な部分がどうしても出てくる。

また、セキュリティ面の部分も考えると、適切なIT技術者がインストールや設定を担当するのが望ましいと思う。

Android, iOS などのアプリ提供を謳ってるけど、アプリで直接できるのは、ストレージ機能ぐらい

CalDAV, CardDAV を用いた同期(連携)については、Android, iOS の Nextcloud アプリを経由してやれるようだが、あくまで同期だけ。
Android, iOS の Nextcloud アプリが、直接カレンダー機能などのグループウェア機能を提供してるわけではない。

WebDAV に関連する機能は、レンタルサーバのプランに依存する

さくらインターネットの場合、レンタルサーバでも「マネージドサーバ」プラン(1台、丸ごとレンタルプラン)じゃないと、そもそも WebDAV 自体が使えない。

そして、それは WebDAV を使用した規格である CalDAV, CardDAV も使えないことを意味する。

カレンダーやメール閲覧機能について

Nextcloud システムは、アプリ(というかプラグイン?)機能として、カレンダーやメール、連絡先などの各種グループウェア機能を導入することができる。

しかしながら、機能面ではお世辞にも洗練されているとは言えない。
Nextcloud をビジネス上の統合環境として捉えるのであれば、選択するも良いとは思うが、その場合は、専用サーバを建てて運用するのが良いかと。

そして専用サーバを建てるぐらいであれば、Google Workspace(旧 G Suite)などのサービスを使ったほうが良い気がする、のだが?

それにレンタルサーバで Nextcloud を運用する場合、付加機能はそのままサーバ負荷になってしまう。
あくまでクラウドストレージとして割り切って、これらのアプリ導入は控えたほうが良いと思う。

外部ストレージ

たとえば、NextCloud のストレージから別サーバの領域を「外部ストレージ」として繋ぎ込むことが可能。
接続できるのは、Amazon S3 などの各種クラウドサービスのオブジェクトストレージや、FTP, SFTP で接続できるサーバ領域など。

ちなみに SMB/CIFS などにも接続できるが、今回はさくらのレンタルサーバに Nextcloud を設置したので、使えない(使わない)のではないかと。

自分の場合、いくつかの Web 領域として無駄に保有してる領域を FTP 接続して使ってみた。

「1つの外部ストレージの接続設定=1つのディレクトリ」として認識する

そのため、外部ストレージ配下の最大容量は、外部ストレージとして接続した先で個々に提供されている領域の上限になる。
接続先の領域サイズが極端に小さい場合は、その領域内に保存するファイルの容量に注意する必要がある。

あと、当たり前だが、ストレージ領域として合算された領域サイズとして、一連で使える訳でもない。

Web領域を繋ぎ込むことも可能だが、セキュリティに注意

ホームページ領域として提供された空間を FTP, SFTP で外部接続して有効利用すること自体は可能。
ただし、これらの領域は元々ホームページの領域として公開されている領域なので、外部接続先として繋ぎ込むディレクトリに対し、適切なアクセス制限を施さないと、ホームページの領域として丸見えになってしまうので、注意すること。

ちなみに ISP によっては、そもそもアクセス制限を施すことができない場合ホームページサービスもあるので、注意。
その場合、外部ストレージとしての使用は望ましくない。

遅い

ただでさえレンタルサーバ上の Nextcloud 本体への接続が遅い状況下で、さらに FTP 接続した先の外部ストレージを参照する以上、レスポンシブとは言い難い。
フォルダの同期という形で利用するのであれば、違和感を感じることはないかもだが、Nextcloud のWeb画面からテキスト等を直接参照・編集する場合には、かなり遅く感じる。
(たまに 500 エラーも発生する。)

【スポンサー広告】

作成者: かず

東京練馬に生息する、干支も4週目終盤のオッサン。 最近は四十肩?五十肩?に悩まされております。 楽に治せる方法、ダレカオシエテクダサイ。。。