NASか、クラウドストレージか。そしてフリーか、メーカーか。

標題の件。
いつもリプレースとかで悶々と考えたり調べたりするので、つらつらとまとめてみた。

フリーのNAS系OS

後者で触れる「OS 上のアプリとして動く『クラウドストレージ』ソフト」とは異なり、OS レベルで NAS としての機能を提供する。
よって OS インストールと同時に、NAS としての機能も併せてインストールされる。

記事作成時点での主な OS は、以下。

  • TrueNAS(旧 FreeNAS)
  • openmediavault
  • Rockstor
  • XigmaNAS(旧 NAS4Free)

メリット

無料。

何と言ってもこれでしょう。

デメリット

バグ対策。

何と言ってもこれでしょう。(またかw)

CentOS など無料版 Linux OS とは、開発体制(というか、単純に言うと、関わっている人の数)からして、あまりにも脆弱。
保証? フリーなのだから、目標とかポリシー・スタンスはあるだろうけど、保証なんてものはない。

そのため、OS などのバグによって、データが破損したり、危険に晒されるリスクは常にある。
勿論そうならないようにするため、RAID 機能やバックアップ機能の提供はされているが、それすらフリーの機能なわけで。

でも NAS 上で管理するデータは、運用する個人・組織の「資産」にも等しいもの。
リスクがあるのは、あまり気分がよいものではないかも。

メーカー製 NAS に比べて、遅い(という可能性)

動作するハードウェア、たとえば CPU などを広範囲化する等、より汎用的に動作するように OS が実装されている。
そのため、OS 部分をはじめとしたプログラムが膨大になり、結果的に処理スピードの劣化に繋がってしまう。

所詮「フリー」という点に尽きる。

TrueNAS(旧 FreeNAS)⇒ ベース OS が FreeBSD = 主流じゃない。

FressBSD 系には ZFS という、とても多機能で魅力的なファイルシステムを利用できるメリットもある。
しかしながら、いかんせん FreeBSD は主流ではない。
そのため、Web 上での情報が少なく、例えばハードウェアに適合するデバイスドライバーを探すのに難儀する可能性や、トラブルシューティングの際のハードルが高くなる点が考えられる。

【記事注】
ZFS は最近 Linux 系 OS にも移植され、利用できるようになりつつある。
FreeBSD 系の普及があまりにもしないため、ZFS 作った人が折れて Linux を容認したからか?

クラウドストレージ

OS 上のアプリとして動く『クラウドストレージ』ソフトのこと。
ソフトウェアとはいえ、ミドルウェア的な位置づけのような感じ。

主なソフトウェアは、以下。

  • Nextcloud
  • ownCloud(商用版もあり)

これ以外にもあるとは思うが、個人的には Nextcloud の1強だと思ってる。
ちなみに Nextcloud は ownCloud からのフォーク(いわゆる「派生」)であり、ownCloud 自体にもフリー版はある。
でも、関係者や歴史的経緯(いわゆる「仲違い」)からして、現在フリーのクラウドストレージとしての代名詞は、Nextcloud になっているような気がする。

メリット

無料。

もういい(笑)

ファイルの世代管理など、付帯機能の可能性。

クラウドストレージは、ネットワーク先にあるディスクのファイルと同一の「コピー」を自分のマシンに保存し、「同期」する形態が基本。
そのためNASに比べて、ファイルを破損するリスクが軽減されたり、ファイルそのものの世代管理機能が提供されている場合もある。

デメリット

バグ対策。

これも NAS と同じ。

クライアントにも(原則として)領域が必要。

上記に触れた通り、コピーとは言え、利用中(編集・表示中)のファイルをローカル内に保存することが原則。
そのためローカルのディスク内から、ある程度の容量がクラウドストレージとの連携用に必要となる。

とはいえ、クラウド上のすべてのファイルを同期(コピー)を保存しているわけではなく、利用しているファイルのみ同期されることが基本。
それにローカルディスクで「どの程度の容量をクラウドストレージの同期用領域として使用するか」を設定で調整することができることも多い(または自動的にやってくれる)。
そのため、動画などの馬鹿みたいに大きなファイルを扱っていなければ、ローカルディスクは逼迫されないと思う。

【余談】クラウドストレージ ≠ NAS

最近はクラウドストレージの機能を有する NAS(たとえば、Web ブラウザやアプリを経由して NAS にアクセスする)、逆に NAS のようなファイルアクセスが可能なクラウドストレージ(WebDAV を使用し、通常のファイルのようにアクセスできる)など、お互いの垣根を越えるような機能が提供されることが多い。
しかしながら、そもそもクラウドストレージと NAS には大きな違いがある。

NAS はあくまで、ネットワーク接続して利用するストレージ領域。ネットワークディスク。

NAS には、ネットワークの先にあるサーバ上のディスクのファイルに直接アクセスする。これが基本。

クラウドストレージは、サーバにあるファイルの「コピー」をクライアント作成して、同期を取る。

ネットワーク先にあるサーバ上ディスクのファイルと同一の「コピー」を、自分のローカルマシンに保存している。
そして、参照や編集の都度、サーバ上のファイルとの整合性を確認し同期を取っている。
そのため、ネットワーク先にある実ファイルとのやりとりが生じるため、タイムラグが生じる場合がある。

ちなみに、NAS・クラウドストレージともに、例えば同一ファイルを複数人が編集していた場合、デッドロックや不整合、はたまたファイルの破損が生じる可能性がある。
しかしながらこの場合、最近のクラウドストレージだと、ファイルの履歴を保存(世代管理)する機能が提供されていること多い。この場合、万一ファイルが破損しても、破損前のファイルに戻すことができる。

NAS の場合は、編集・参照ともにファイルを直接弄っている事になる。
そのため、Excel ファイルの場合など一部のアプリケーションではファイル編集時に排他制御を行っているものものあるが、基本的には同時編集などが生じた場合は「あと勝ち」つまり最後に保存した状態のものが、実際に保存されることになってしまうし、世代管理もしていないので、後戻りすることは基本的に不可能。

ここまで考えると、クラウドストレージのほうが軍配かなぁ。
フリーのNASはちょっと危険な臭いがする。
バックアップや RAID は、クラウドストレージとは別物で考えても良さそうだし。

メーカー系NAS

メリット

保証がある。

保証の形態は有料・無料、ディスク(データ領域)までの保証有無など、メーカーや購入機材によって様々だとは思う。

だが、それでもなお、ハードウェアだけでなくソフトウェアの保証まで範囲があるメリットは大きい。
使用者の心理手的負担が少なくて済む。

ベースシステム(ソフトウェア・ファームウェア・BIOS など)が最適化されている

各メーカーとも、NAS を制御するためのシステムは、独自開発されている。
そしておそらくそれらは、(余程の聴いたことのようなヘボいメーカーでないかぎり)各ハードウェアに併せて最適化されているはず。
言わば Linux OS を、NAS のハードウェアに併せてカーネルレベルで最適化しているようなイージ。
それによってシステムのスループットなど、機能向上に寄与しているはず。

デメリット

サポートには期限がある。

保証も含めて、メーカーは永久にサポートしてくれるわけではない。
ハードウェア部分のサポートは、一般的に製造終了後3~5年程度で終了するだろう。
そしてソフトウェア部分についても、手厚いメーカーですら、5年程度で終わると思う。
そうなった時点で、メーカーのホームページからは情報は抹消されてしまう可能性だってある。(Drobo は、まさにそうだった。)

メーカーの継続性にも注意する必要がある。

企業が途中で買収されたり、メーカーは維持されても、ブランドやNAS ハードウェアのビジネスにメーカーつまり企業としての事業メリットがなければ、事業が売却されたり、事業そのものが廃止される可能性だってある。

そうなった場合は、購入者も一蓮托生。

新たなテクノロジーや規格への追随性。

NASのテクノロジーも、年々進化している。
例えば内蔵されるディスクの容量は、年々増加の一途を辿っているわけだが、NAS によっては、その上限(ディスクの最大容量)が決まっていることが多い。

それと NAS に接続するためのネットワークプロトコル。
例えば、NAS のプロトコルでよく使われる SMB は、この記事作成時点では v3.0 や v3.1 が最新になりつつある。
このネットワーク規格の進化に、いつまでファームウェア更新で追随してくれるのかは、正直だれも判らない。

ちなみに当方で 10 年ほど前に設置した NAS は、SMBv1.0 のままファームウェアサポートが終了してしまった。
そのため、ある日、Windows 10 のアップデートを行った時に、接続できなくなるという憂き目に遭った。

後日これは何とか接続できるよう、Windows10 側の設定を変更したが、SMBv1.0 にはランサムウェアによるセキュリティリスクがある。
それを考えると、この NAS を継続的に利用することは、リスクになってしまう。

これらの点を踏まえると、いつまでも同一の NAS ハードウェアを使用することには躊躇が残る。

クラウドストレージサービス

おそらく理想的な最適解。
以下のサービスが有名。

  • DropBox
  • GoogleDrive
  • OneDrive (Microsoft)
  • box

メリット

企業としての保証・サポート

文字通り。

バックアップやハードウェアの心配が不要

これは「ある程度」という話。
今のところ、極めて稀にだが、復旧できないレベルの障害が発生するリスクは存在する。ほとんどの場合は心配は少ないと思われる。フリーNASやオンプレに比べると、故障リスクは低いのではないかと思う。

デメリット

高い。特にストレージ。

何よりも、これが筆頭ではないかと。
どうしても「月々」といったランニングコストが発生する。
企業系などの規模によっては、こちらのほうが安価な可能性はあるが、一般利用するには、どうしても「お高い」感が出てしまうう。

メンテナンスやネットワーク障害に影響される。

オンラインサービスの場合、この問題を避けることができない。
そのため、たとえば企業などの場合だと、オンラインストレージとオンプレの多重化を施す必要もあると思う。

自分なりの現実解

とは言え、まだ現時点では到達してないのだが、最終的にこうする予定。

  • オンプレサーバをファイルストレージとし、そこに Nextcloud を設置。(HDD 4台で RAID6 構成)
  • バックアップとして、Amazon S3 Glacier を使用する。

予定は変更する場合があります。

NVR500 の共有フォルダでハマったはなし

SMB の話です。

どうやら最近の Windows10 では SMBv2, SMBv3 で繋ぐみたいで。しかも SMBv3.1 つまり最新バージョン優先のようで。
SMBv1に至っては、設定しないと接続できない状況にまで成り下がったらしく。

調べてみると、SMBv1 はランサムウェアの餌食になったらしく、その影響で、Windows10 の途中で SMBv1 での接続が既定では無効にされたみたい。

その影響で、NVR500 の共有ディスクは参照できないのだと思い至ったので、以下のサイトなどを参考に SMBv1 で接続できるように設定してみた。

ところが

いくら設定をしても「¥¥xxxxxxxx~」ではネットワーク接続できない。
IPアドレスでもドメイン名を入力しても、だ。

でも windows7 環境で接続を試みたところ、あっさり繋がった(共有フォルダが参照できた)。

なので今度は試しに「ネットワークドライブの割り当て」で確認してみたところ、こちらも駄目。
ホスト名・IPアドレス、いずれの方法でもサーバが見つからない。

でも ping を打てば返ってくるし、そもそもルータからクライアントの IP アドレスは払い出されてる(ルータのDHCPサーバ機能は動いてる)し、そもそも Windows10 マシンからインターネットには繋がってる。ネットワーク的には問題ない。

ここまでやって気付いたのだが、もしかしたら認証まわりか、ポリシーまわりの設定がおそらく影響している可能性を疑っている。

断念

とまぁ、ここまで色々なことをやってきたのだが、これ以上を色々と調べて試すとなると、今度はレジストリとかポリシーまわりの設定まで弄る必要が出てきそう。

でも、それはそれで煩わしい(トリッキーだ)し、いよいよ本当にPC本体のセキュリティを危険に晒すリスクもありそうだし。
そもそもそこまでして、繋ぎ込むメリットもないだろう、という気分になってきた。

というわけで、ここで調査打ち切り。

有効活用の模索 ⇒ 断念

ここで方針を変えて、レガシーな共有ドライブを、ownCloud 経由でディスクとして利用できないかを検討してみた。

…とまぁ、ここまで図を作ってみたのだが、これも結局は断念することにした。

理由は以下。

そこまでしてSMBv1 しか使えない機材を、ずっと使い続ける必要はのか? メリットは?

この点に尽きる。

いくらネットワーク上のルールを厳格にしたとしても、今のご時世、ここまでしてわざわざトリッキーなネットワーク環境を構築するだけの、自身が納得できるメリットにはならなかった。

それにゴチャゴチャ難しい環境を構築したとしても、機材は老朽化する。
そんな機材を無理矢理使ったとして、「それが壊れたら」と思うと、今度は復旧そのものが難しくなってしまう可能性が高い。

それぐらいであれば、最新の機材を準備して快適な環境を手に入れたほうが、カネはかかるが、精神衛生上よろしい。
いや、たとえ今すぐに手に入れなくても、故障したときの事を考えて、スムーズにリプレースできるような環境を維持しておいたほうが良いのではないかと、考え至った次第。

気がついたら、機材・環境は老朽化

スマホなど端末の進化は著しいものがあるが、それはサーバとかネットワークも一緒。
いつの間にか(というか「あっ」と言う間に)機材はポンコツになり、ネットワークプロトコルなどの規約も進化してる。

そう考えると、ルータやサーバの類も、それらが作られた時代のものを頑なに利用するのは、セキュリティや故障のリスクを考えると、良い手段とは言えない。

先人の教えに「大事に使え」というような考え方もあるし、それが可能なものもある。
しかしながらモノによっては、長く使うことが、最終的に大きな不利益を被る危険性があることも、認識しておく必要がある。

とはいえ、カネかかるなぁ。(溜息)

余談1、DroboFS は何故か繋がってる。

ちなみに同じ状況(SMBv1 しか対応していないの)は、我が家で所有している DroboFS でも発生している、はず。

そころが、なぜかこちらは、SMBv1 で接続しているにも拘わらず、普通に参照できる。読み書きも正常。何故?

確かに DroboFS には、個々のユーザIDとパスワードを設定しており、フォルダ毎にそれぞれびアクセス権も設定している。
対して NVR500 には、元々、代表的なユーザIDとパスワードは設定できるものの、個々のユーザを設定することはできない。

その辺りの「違い」が今回の原因なのか?

余談2、リプレースを考えている。

色々と考えた結果。やはり SMBv3 に対応しているNASへのリプレースを考えている。
そうした場合 Synology などが割とリーズナブル、かつシェアも高そうなのだが、個人的なポリシーとして NETGEAR の ReadyNAS を採用するつもり。

ちなみに、我が家にはオンプレサーバが何台かあるので、これらの資源を有効活用すべく、フリーのNAS用OSとか ownCluod を利用することも検討した。ところが、色々調べてみて結果的に不採用。メーカーのサーバを利用したほうが安全そう。

不採用1:フリーのNAS用OS

FreeNAS など、いくつか代表的なOSが開発されているが、いかんせん「安定性に欠ける」というような記事が散見される。

確かに「どんなマシンでも動くようにする」ためには、それだけ「汎用的なプログラムが必要になる」のは当たり前。
それに対してメーカー製のNASは、製品に特化したOSを構成することになるし、それだけ「余計な部分」が削ぎ落とされている。
つまり、安定稼働の追求力が、フリーに比べて桁違い。

しかも最近は AWS (S3 ストレージ)などのクラウドを使ったバックアップの連携まで考えられているとなると、メーカー製NASは、その「手厚さ」も桁違い。

それにアプリケーションサーバのOSをフリーで選定するのとは訳が違う。
NASのOSは「ストレージデータ」というかなり大事な資産を管理している。
これを破損することは勿論の事、サーバそのものの安定稼働やバックアップにまで考慮すると以下略。

不採用2:フリーのオンラインストレージソフトウェア

要するに ownCloud の事。商用に例えると DropBox が近い。

こちらも検討したものの、やはり FreeNAS と同じで安定性やサポートに一抹の不安が残った。

それともう1点。

ownCloud 上で管理するファイルは、あくまでローカルファイルとの「同期による共有」となる。
つまり、原則としては、実体ファイルはローカルにも存在することになるため、ローカルディスクの容量を逼迫してしまう。

まぁ厳密にはクラウド(サーバ)上にのみデータを保存する形にして、必要に応じてデータをダウンロードする形での運用も可能だが、その場合は運用や設定に手間が生じることになる。

ちなみに「その1」:商用NASとしては、Drobo も採用候補だった

ところが、そもそもNAS製品については主力製品ではないようで、該当製品が2つしかない。
しかも米国サイトのサポートをページを見た限りでは、SMBv2 のサポートに留まっている(SMBv3 にまだ対応していない)模様だったのと、国内シェアやクラウド連携など機能面で弱そうだったので、今回は採用を見送った次第。

ちなみに「その2」:「個人的な理由」とは

こちらは「続きを読む」参照。