携帯端末の「解」

うーん、日本記事が微妙なのかも知れませんが。てか記事のコメントもヒドいですが。

でもネットブックが売れないってのは分かる気がする。
確かに、普通の人は家にパソコンあれば、あとはキーボード必要なし。
てか屋外で必要なのはもっぱら情報と簡単な入力に特化した端末であって、屋外でワープロやら表計算をガチで使って何かやる人は確かに少ないはず。
てか、そういう人はネットブックでも非力なはずであって、どちらかというと普通のノートパソコンを買うはず。
そもそも Office バンドルされてるネットブック買うぐらいなら、価格差考えると普通のノーパソ買うわな。

それに、自宅で使用するのにネットブックは明らかに非力。携帯端末に対する母艦 PC は、やはりデスクトップクラスのちゃんとした PC のほうが、家でも使いやすいし無難。

そうなると、普通の人が持つのは携帯性を重視した端末、携帯電話とかスマートフォンとかになるのかなぁ。

むむむ、今後のトレンドが見えてきたぞ。
Windows陣営はその位置の対抗手段を早く用意しないと、市場食われちゃうかも。てか、もう遅いか。

とはいえ、個人的に今の Mac は、正直なところ Apple の戦略がどうも同意できない。例えば Flash 使えないとか。
達しかにデザインとかセンスは洗練されてるんだけども、戦略の部分が魚の小骨みたいにひっかかる。

個人的には、Windows と同じコーデックが使えて、動画が再生できる程度のスペックをもつ iPad クラスの製品を出してくれると嬉しいんだが。
タブレット PC は高いし・重い。CPU は非力であってもいいから、ビデオカードの性能が高ければそれでいいんだけども。
インタフェースは Bluetooth、SD、無線 LAN に絞ってしまえば、そこそこの金額で出せそうな気がするんだが。

【スポンサー広告】

作成者: かず

東京練馬に生息する、干支も4週目終盤のオッサン。 最近は四十肩?五十肩?に悩まされております。 楽に治せる方法、ダレカオシエテクダサイ。。。