カテゴリー
ブログ

Office 2010 の偽物

はい。通販でやられましたよ。

インストールして確認したところ、認証画面の製品名がなぜか「MicroSoft Office Professional Plus 2010」(Sが大文字)になってますね。

ちなみに「Microsoft Office Professional Plus 2010」は本来、ボリュームライセンスとしてのみ販売されていて、パッケージ製品としては販売されてません。

そもそもパッケージとCD表面には「Microsoft Office Professional Plus 2010」と書いてあるのに、インストールしたら「MicroSoft Office Professional Plus 2010」というのも変です。内容が偽っております。

しかもメディアやパッケージの作りが粗悪すぎます。

ちなみに店舗で購入する場合、パッケージを確認できるので、そこで真贋はある判断できますが、通販はそれができません。
今回はそれが仇になりました。

正規品じゃないとどうなるか

詳細の確認まではしていませんが、おそらく「MicroSoft Office Professional Plus 2010」のボリュームライセンスを付与し、パッケージやメディアを本物に似せて作成された「不正品」である可能性が非常に高いです。
ちなみにボリュームライセンスをこのような形で販売することは、マイクロソフトが認めてないはずです。

そのため、これら製品でインストールを試みた場合、かなりの確率でインストールおよびライセンス認証が正しく終了しません。
たとえ、なんとかインストールが最後まで終了し、ソフトが起動でき表向きは正しく動作しているように見えたとしても、サポートやアップデート、バージョンアップなど、将来に受けることができる特典が受けられない恐れがあります。

不正なライセンスを利用している場合、Microsoft 側からの対策によってライセンスが取り消され、途中で急に利用できなる可能性だってあります。

まずは店にクレーム

とりあえず通販の店にもクレームを入れる。
まぁ、ソフトの購入は交換できない旨のメッセージが表示されて、それを了承して購入しているのだから、交換とかは元々期待していない。

ちなみに購入した店は、通販では有名な店で、価格.com の製品別価格ランキングでもよく上位に上がってくる店です。
まぁ、ご多分に漏れず、大手流通経由で販売している店なので、場合によっては「出所不明」な品も混入することはあるでしょうが、実態はわかりません。

まぁ個人的には10年以上やってる店だから、安全だろうと信用していたのが油断した。

やっぱソフトは、店舗とかで、ちゃんと確認して購入しないとだめですなぁ。

Microsoft にも通報

これがまた面倒。
まず Microsoft のサイトで偽造品の報告するサイトがわからない。
「海賊版」「不正品」でサイト内検索をしても引っかからない。試行錯誤の末「偽造品」でようやく発見。
フォームウィザードに沿って内容を入力して、報告を送信。

そしたらメールが返ってきて、以下の回答。

交換するから香港の Microsoft に郵送しろ

…おい!!
本当に偽造品対策する気あるのか?
ソフト香港に送らないと、交換してもらえないの!?

マジかよ。。。

そんなの馬鹿馬鹿しいので、今度は Contuct Us 経由で、本当に香港に送らなくてはならないのか、国内の問い合せに捩じ込むことに。

結局

販売元から電話があり、無償回収するとの事。
費用も全額返金になりました。

まぁ現時点では、すでに Microsoft に問い合わせているので、そちらにもその旨を報告をしなくてはならない。

面倒ではあるが、返金してもらえるのであれば、消費者としてはとりあえずそれでOKっという事で。

それにしても、企業ライセンスを切り売りして販売って、随分「卑しい商売だなぁ」と、つくづく思うかぎり。

以下参考

マイクロソフト社の資料

真贋のポイント

今回の場合、パッケージおよびインストールメディアの品質が著しく低いため、不正品と判断しました。

  • パッケージ内容の誤植が非常に多い。
  • パッケージ印刷の品質が非常に低い。(ピントが合っていない、色ズレが激しい、モアレが大きい)
  • インストールメディアの印刷品質が悪い(文字が切れている、字間が揃ってない。ピントが合っていない、等)
カテゴリー
リンク

Getchu.com

カテゴリー
リンク

とらのあな

カテゴリー
リンク

3軒茶屋の2階のマンガ屋

  • 3軒茶屋の2階のマンガ屋(三軒茶屋の二階のマンガ屋)(閉鎖)

カテゴリー
リンク

通販ネットショップ 駿河屋

カテゴリー
リンク

COMIC GARAGE てくの屋

  • COMIC GARAGE てくの屋(閉鎖)
カテゴリー
リンク

こみっくあいらんど

  • こみっくあいらんど(閉鎖)

カテゴリー
ブログ

年収500万にするには

ちょっと下世話な話ですみません。

同人誌の委託通販専門の書店を考えたとして、ちょっと計算してみたくなったので、やってみた。

自営業で年収 500 万にするには、設備投資とか維持を考えて年間 1000 万は売り上げないと駄目と考えて計算。

設備維持費で200万なんて数字は、本来あり得ないんですが。
まぁ単純計算したいので、200万以上の維持費がかかった場合、年収で相殺と考えてみましょう。

1000 万 ÷ 12 ヶ月 = 1ヶ月あたり、およそ 83 万円(3,333)

単純計算で、これぐらい稼ぐ必要がある。
さらに1ヶ月 83 万稼ぐには、1ヶ月の終業日数 20 日と考えて、

約 83 万÷ 20 日 = 1日あたり、およそ4万2千円

稼ぐ必要があるということになります。

ここで、本の利益を考えてみる。
1冊あたり 150 円くらいの利益が得られるとして、

およそ4万2千円 ÷ 150 円 = 1営業日あたり約 277 冊

売り上げなくてはならない、という計算結果になりました。

これはつまり

約 277 冊 × 20 日 × 12 ヶ月 = 年間およそ66,666 冊

売り上げないと駄目。
単純に考えると、約 300 冊を1年で売れるサークルの同人誌を

20日 × 12 ヶ月 = 240アイテム

集めないと駄目という事。

これでサークルの当たりをつけてみる。

サークルからしてみれば、即売会で売るののと何店か委託を出す事のが普通。という事は 300 冊売れる同人誌は、ざっと 1500 冊は刷っているというあたりが妥当かな。それで仮定してみる。

つまり、1種類あたりの総刷り部数 1500 冊、そのうち 300 冊の委託を引き受けて、しかも1年で売り抜ける位の人気サークルじゃないと駄目なわけ。。。

1サークルあたり年間3アイテム委託を受けられるのであれば、最低でも約 80 サークルは集める必要がある。
しかも、事業を進める限り永遠に必要なわけで。。。
そんなのはおそらく無理なので、実際には数百サークル集めなくてはならないという事。

かーなーりー荒い考え方なのですが、オンライン本屋だけ、しかも本の収益だけで食っていくのは、結構大変なことが判るかと。
ちなみに1種類あたりの総刷り部数 1500 冊の同人誌を1年で売り切れるサークル、しかもそれを年3回も出しているサークルって、日本全国に 1000 サークルもあるのかなぁ。

ちなみに、人件費。
バイト君を雇ったとして、1人あたり月5万なら、

5万 × 12 ヶ月 = 60万

が必要。そのぶん、さらに本を売り上げなくてはならなくなる。

ちなみに 500 万っていう年収。
月給 12 ヶ月+ボーナス3ヶ月の 15 ヶ月で割ってみると、

500 万 ÷ 15 ヶ月 = 1ヶ月の給料、およそ 33 万円

さらにここから税金やなんやらで控除されると、手取りは25万位…か? 少な。

うーん、どんなもんでしょ?

ここまで頭を巡らせてみて、個人的には「割に合わない」という判断。
まぁ、経費をできるかぎり縮減したり、同人書店は一般的に利益を上乗せするため、この計算が正しいとは思ってませんが、脳内シミュレーションとして、そんなに間違ってはいないとは思うし、割とシビアなのは変わらないと思います。

まぁこのビジネスに「生きがい」を感じられる方もおり、その人にはプライスレスな部分もあると思いますので、あくまで個人的な見解ということで。

カテゴリー
ブログ

丸紅ダイレクト、閉鎖