よくわかる現代魔法


コンピュータと魔法が織り成すストーリーということで、コンピュータ関係の脚色。
しかも舞台が東京ということで、私には受け入れやすい話でした。

あまり専門的ではないとは思うし、専門的と思う点があっても、用語の解説と、この小説にあわせた解説・展開がなされているので、話しに躓くこともない、と思います。あまり自信ないですが。

あとは、キャラクターの個性でしょうか。
「萌え」の要素を惜しげなく詰め込んでいます。

  • 共月邸(イラスト、宮下未紀)(閉鎖)
【スポンサー広告】